翌朝、夢を覚えていないのは「睡眠の質」の低下が原因!?明晰夢への第一歩は"夢を覚える"ことから!

2019.4.10

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineline
マーク・ケイ

マーク・ケイ ( 占術家 )

墨が織り成す一子相伝の占術 “篁霊祥命(こうれいしょうめい)” を主な鑑定手法とする占術家。他にも文筆家やイベント・オーガナイザーとしての顔も持つ。また引きこもり支援相談活動なども行なっている。

これまで4回に渡って「明晰夢」の世界と、その可能性についてお話をして来ました。

「"夢"に対する関心が深まった」「"明晰夢"を見てみたいと思った」というご感想をお持ちになった方も多いのではないでしょうか。

しかし「その日に見た夢をどうしても覚えていられない」という方もきっといらっしゃるはずです。

今回は、その日に見た「夢」を覚えている為にはどうしたらいいのか、に的を絞ってお話を進めてみたいと思います。

「夢を覚えている」ために、または「見たい夢を見ようとする」ためには、まず自分の「睡眠の質」を向上させなければならないのです。

裏を返せば「夢を覚えていられない」のは、「睡眠の質」が低下しているからだといえます。

睡眠時の脳波について

「夢を覚えておく」ために必要な「睡眠の質」が如何に阻害されるのかというお話をする前に

もう一度、睡眠時の脳波について復習をしておきたいと思います。

この脳波の推移が夢見や睡眠を考える上での、基本になります。

明晰夢で人生を変える①(前編)~睡眠と夢~」 でもご説明したように私達は普段、4段階の睡眠レベル(ノンレム睡眠)を経て、レム睡眠(夢見の睡眠)に到達します。

覚醒時:目が開いて活動している時の脳波は13Hz以上のβ(ベータ)波、目を閉じてリラックス状態となると8〜13Hzのα(アルファー)波が現れます。

第一段階:入眠期といわれるウトウトした状態。α波が減少し、4〜8Hzのθ(シータ)波が現れます。

第二段階:入眠時で意識がなくなった時を示します。脳波は睡眠紡錘波(Sleep Spindles)と呼ばれる12〜14Hzの律動や、K複合波(K-complexs)と呼ばれる振幅の大きい徐波が現れます。

第三段階:深い睡眠に入った段階であり、強い刺激でなければ知覚出来ない状態です。脳波は4Hz以下のδ(デルタ)波が20〜50%を占めます。

第四段階:δ(デルタ)波が50%以上を占めた更に深い睡眠レベルです。第三段階と第四段階を合わせて「デルタ睡眠」とも呼ばれます。

第四段階まで達すると、再び第三段階、第二段階、第一段階と睡眠レベルの経過は逆になり、

約90分程で第一段階に似た低振幅の脳波に加えて「急速眼球運動(Rapid Eye Movement)」が現れる「レム睡眠」の状態へと至ります。この段階が「夢見の睡眠」です。

*因みに不眠症やうつ病、ナルコレプシー(睡眠障害)の患者では、デルタ睡眠を経ずに急速にレム睡眠に移行するため「入眠時幻覚」などの症状を呈することがあります。

また薬物などによって「夢睡眠」を取り除くことによって、うつ病を改善させる効果もあります。抗鬱薬とされるものはレム睡眠抑制作用を持っています。

この90分周期の一連の睡眠レベルの移行によるレム睡眠への到達が6時間睡眠では4回、8時間睡眠では5回訪れることになります(人によって睡眠レベルの到達周期には誤差が生じます)。

「夢を覚えていられない」人の傾向

「夢を覚えていられない」ことと「睡眠の質」にはどのような関係性があるのでしょうか。

「睡眠の質」を阻害する最も顕著な要因は「寝る前のスマホの操作」だといわれます。

携帯電話会社が自ら研究機関に依頼した調査結果では、寝る前にスマホなどの携帯電話を操作すると第一段階から第四段階に達するまでのノンレム睡眠の移行が遅くなり、深い睡眠の時間が阻害されて短くなることが分かったのです。

レム睡眠は脳を創る睡眠(記憶の整理や固定化を行ないます)、ノンレム睡眠は脳を休める睡眠といわれます。

ノンレム睡眠時は、脳代謝量が低下しますが、深い睡眠である「デルタ睡眠」に至ると成長ホルモンが分泌され、組織の増殖や損傷に対する修復を図ります。

つまり深い睡眠レベルが短くなるということは、免疫機能やホルモン機能が低下し、翌日の思考能力が鈍くなったり、倦怠感を覚えたり、眠気があったりということにも繋がります。

また、スマホの画面から出る光のスペクトルは、セロトニンの分泌に遅れを生じさせ、量も減少するといいます。

ノンレム睡眠の移行が遅くなると(第一段階から第四段階まで到達する時間が長くなると)、当然通常90分周期で訪れるレム睡眠の回数も減ってしまいます。

90分周期で訪れるレム睡眠は、1回目よりも2回目、2回目よりも3回目が時間が長くなる傾向にあります。

6時間睡眠の場合、4回目に訪れたのレム睡眠の時間は、おおよそ30分程になります。

1回の睡眠でレム睡眠の回数が減ると、トータルの夢睡眠の時間も減るということになります。

6時間睡眠ではトータル70〜80分は夢睡眠ですが、寝る直前のスマホ操作で、この夢睡眠の時間はグッと少なくなるのです。

すなわち、これが「夢を覚えていない」という原因になってしまうのです。

同時に心身の健康にも重大な影響を与えかねないことも分かります。

「夢を覚えていたい」、また「睡眠の質を上げたい」のであれば、スマホを寝室に持ち込まないことが一番ベターです。

しかし目覚ましに使っていたり、寝室で少しスマホで調べものをしたい、メールで話したいという人は多いでしょう。

そうであれば、スマホの使用時間を短くするか、眠ってしまう直前まで使用しないことです。

ベッドでスマホを使用した後、本を読んだり(難解な本や刺激の強い本は逆効果です)、軽くストレッチをしたり(長時間や激しい運動も逆効果です)、他の行動を一旦挟んだ後、ベッドで目を閉じて、ウトウトする時間、完全に眠りに入る時間を楽しむことです。

決してスマホを触っていたら、いつの間にか寝てしまっていた、ということは避けたいものです。睡眠レベルでいう、α波からθ波への移行をなるべく感じる工夫をすることが求められます。

夢を覚えていられるようになったら「明晰夢で人生を変える②(後編)~明晰夢習得方法・効果~」で触れた方法で「明晰夢」にトライしてみて下さい。

睡眠の質を上げる為の方策、夢を覚えているためにはどうすればいいのか、またの機会にご紹介出来ればと思います。

マーク・ケイ のプロフィール

マーク・ケイ

画家の父、歌人の母のもと、福岡市博多区で生まれる。

バンド活動を経て、DJ、オーガナイザーとしてアート系イベント、音楽イベントなどを多数手掛ける傍ら、フリーライターとしても活動。音楽雑誌でのアーティスト・インタビュー記事に始まり、書籍、フリーペーパー、WEBなどの媒体で社会問題からオカルトまで幅広いジャンルでコラムを執筆。

引きこもり、不登校、心の病など自身の経験を活かし「ピアカウンセリング」を主軸にしたコミュニティを立ち上げる。のちにひきこもり支援相談士として当事者やその家族のサポート、相談活動を行う。

現在は亡き父から継承した一子相伝の墨を用いた占術『篁霊祥命』や独自のリーディングによって鑑定活動を行っている。2019年で鑑定活動は14年目を迎える。

↓こちらからマーク・ケイ先生の鑑定を受けられます!↓
うらなってMe

おすすめ関連記事

2019 06/28

神様は私たちに紛れている!か弱き存在に気付く「愛ある生き方」への目覚めが幸せを連れてくる