言霊の幸ふ国 ~今使いたい日本の言の葉~『四季に寄り添い、祈るように暮らす(連載第五十四回)』

2020.5.29

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineline
三浦奈々依

三浦奈々依 ( フリーアナウンサー )

フリーアナウンサー・神社仏閣ライター・カラーセラピスト。
ラジオ番組にて20年以上にわたり、音楽番組を担当。東日本大震災後、雑誌Kappoにて約7年にわたり連載「神様散歩」を執筆。『福を呼ぶ 四季みくじ』出版。カラーセラピストとしても全国で活動中。

気がつけば、間もなく5月も終わりですね。

この時季は全国各地の神社で、「御田植祭(おたうえまつり)」という田の神を迎え、田植えをする神事が行われています。

地域によっては6月、7月に行うところもあるようです。

私が暮らす宮城県岩沼市の竹駒神社では5月26日に、宮司様が豊作を願う「祝詞」を読み上げたあと、神職の皆様の手によって「ひとめぼれ」の苗が一本一本、植えられました。

例年であれば、県農業大学校の学生たちが集まり、田植えが行われていましたが、今年は密集を避けるため、規模を縮小しての開催。

皆さんの町はいかがですか?

御田植祭で植えられた苗は、9月の抜穂祭で収穫され、11月の新嘗祭で神社の本殿に奉納されます。

稲作の国、日本ならではの神事ですね。

今日は、この時季の美しい四季の言の葉をご紹介しましょう。

青時雨(あおしぐれ)

時雨といえば、冬の初めに降る、通り雨のこと。冬の季語となっています。

青時雨とは青葉の頃、雨上がりの木々の下を通った時に雫が落ちてくるさまを表す言葉。

木々の緑にみなぎる生気が、雫となってきらきらと零れ落ちる。

なんとも艶やかな美しさを感じる言葉ですね。

青時雨は、青葉時雨とも呼ばれます。

ぜひ、雨上がり、青時雨と出合う小さな旅に出掛けてみてはいかがでしょうか。

老鶯(おいうぐいす)

「高齢の鶯?」と思った方もいらっしゃるでしょう。

老鶯とは、夏に平地から山に移ってきた鶯のこと。昔の人は夏に鳴く鶯のことを、こう呼んだそうです。

この時季、「ホーホケキョ」と鳴く、鶯の声で目が覚めます。

鶯とホトトギスの違いがよくわかっていなかった20代の頃、アナウンス学校の先生に「ホトトギスは特許許可局(トッキョキョカキョク)と鳴きます」と教えられ、吹き出したことがあります。

その時、鶯はホトトギスの育ての親だということも初めて知りました。

ホトトギスは主に鶯の巣に卵を産み、子育てはせず、鶯に雛を育ててもらうのだそうです。

これは余談になりますが、伊達政宗公は最後の参府、出立の前に何とかホトトギスの初音を聞きたいと願いながら、その願いを叶えることなく亡くなりました。

政宗公が亡くなった日、屋敷の上をホトトギスが繰り返し鳴きまわったそうです。

それは、鶯が育てたホトトギスだったのですね。

水鏡(みずかがみ)

『福を呼ぶ 四季みくじ』には、「水鏡」のカードがあります。

水鏡とは、空や山々の樹木が、湖など水面に美しく映し出されるさまを言います。

私がこれまで見た中でいちばん感動したのは、白神山地の鶏頭場(けとば)の池で見た水鏡です。


じっと見つめていたら、いったいどちらが本物の世界なのかわからなくなるほど。

フナが池の中をすーっと横切り、夢から覚めた気がしました。

その昔、人々は水面に自らの姿をうつし、鏡の代わりとしていたそうです。

祭具として用いられた鏡は、己の真実、未来をもうつし出すと信じられていたのです。

水鏡はこの時季の季語。

あなたの心を取り巻く世界は、あなたの心のうつし鏡。

今、あなたから世界はどんな風に見えていますか?

末摘花(すえつむはな)

七十二候で言えば、今は紅花が盛んに咲く時季。東北では、山形が紅花の産地として有名です。

紅花はその昔、末摘花(すえつむはな)、紅藍(べにあい)、久礼奈為(くれない)などと呼ばれていました。どれも美しい響きがありますね。

王朝浪漫『源氏物語』に登場する、常陸宮が残した姫君のあだ名は紅花に由来します。

姫君が真っ赤な鼻をしていたことから、光源氏が紅花の紅とかけて「末摘花」と呼びました。

美しい女性たちが数多く登場する物語の中で、決して美しいとは言えない末摘花ですが、晩年、光源氏により二条東院に引き取られ、穏やかな人生を送りました。

 

いかがでしたか?

良き言葉、美しい言葉は、人生にしあわせを運びます。

古より受け継がれてきた四季の言の葉を、毎日の暮らしに・・・

 

参考文献

 お家で楽しむ デイリーおみくじ『福を呼ぶ 四季みくじ』
三浦奈々依(文)、観瀾斎(絵)、栗原周玉(書):プレスアート(発行)

『大切な人へ送る 手紙にそえる季節の言葉365日』山下景子著 朝日新聞出版

 

三浦奈々依 のプロフィール

三浦奈々依

フリーアナウンサー・神社仏閣ライター・カラーセラピスト。

ラジオ番組にて20年以上にわたり、音楽番組を担当。
東日本大震災後、雑誌Kappoにて約7年にわたり「神様散歩」の連載を執筆。心の復興をテーマに、神社仏閣を取材。

全国の神社仏閣の歴史を紹介しながら、日本の文化、祈りの心を伝えている。

被災した神社仏閣再建の一助となる、四季の言の葉集「福を呼ぶ 四季みくじ」執筆。


http://ameblo.jp/otahukuhukuhuku/
アマゾン、全国の書店、世界遺産・京都東寺等で販売。


カラーセラピストとしても全国で活動中。
旅人のような暮らしの中で、さまざまな神社仏閣を訪ね、祈り、地元の人々と触れ合い、ワインを楽しむ。

おすすめ関連記事

2019 11/01

出雲「神在祭」~ 一生の幸せにつながる縁結びを願う ~『四季に寄り添い、祈るように暮らす(連載第二十七回)』