【学んで使おう東洋医学のツボvol.5】慢性的にツライ…“腰痛”に効く5つのツボ

2019.2.21

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineline
AGLA編集部

AGLA編集部

心と体を調える 女性のための新感覚スピリチュアルメディア。

腰痛には、 

・原因を特定できる特異的なもの 
・原因を特定できない非特異的なもの
 
の2種類があります。 

特異的なものには、 

・腰椎椎間板ヘルニア 
・腰部脊柱管狭窄症 
・腰椎分離すべり症 

などがあげられます。 

ぎっくり腰は「腰椎捻挫」と診断されますが、どの組織がケガしているのか医師がみても特定できないため、非特異的腰痛に分類されます。 

実は「腰が痛い」という場合の約85%、つまりほとんどがこの非特異的腰痛に分類されると言われているのです。[※1] 

特異的腰痛は原因が分かっているため、どこをどのように治療すればよいのか分かりますが、非特異的腰痛は決定的な原因が分からないため、治療法が確立されていません。 

ただし、体幹を鍛えたり、鍼やマッサージ、ストレッチすることで腰痛の軽減、または予防することは可能です。 

今回は腰痛にはこのポイントが効果的!というツボをお伝えしたいと思います。

腰痛に効く5つのツボ

腰痛に効く5つのツボをご紹介します。
 

1:腎兪(じんゆ)【膀胱経】 
第2腰椎棘突起の下から約指2本分外。
生殖器疾患にも有効。 

2:胞膏(ほうこう)【膀胱経】 
第2仙椎棘突起下から指4本分外。
子宮をつかさどるツボとして婦人科疾患にも有効。 

3:委中(いちゅう)【膀胱経】 
膝関節の裏側。
横ジワ中央。
腰痛の代表的なツボ。 

4:承山(しょうざん)【膀胱経】 
膝裏とかかとのほぼ中央。
アキレス腱から指を上に滑らせとまるところ。
むくみにも有効。 

5:太谿(たいけい)【腎経】 
内くるぶしとアキレス腱の間、動脈拍動部。
水分代謝に重要なツボ。

ツボ以外で腰痛に効果的なことは?



私もひどい腰痛持ちだったのですが、必要な体幹トレーニング、ストレッチ、メンテナンスをすることで今はもうほとんど腰が痛く感じることはありません。 

体を局部でみるのではなく、トータルでみることが大切かと思います。 
これは「肩こり」でも述べた根本的な部分にアプローチする、ということです。 

私は来院される方の体をみて、マッサージが必要なのか、トレーニングが必要なのかを判断し、様々な方法を組み合わせて治療することにしています。 
何か1つだけやっても、なかなか良くならないからです。 

例えば、腰痛がある人は「腹筋運動をすると良い」ということをよく聞くかと思います。 

なぜ、腹筋運動が腰痛に効果的なのか?
簡単に言うと、腹筋が弱まると腹圧が下がり、お腹が前に出て反り腰になり、腰に負担がかかるためです。
腹筋運動は確かに効果的な方法の1つですが、なぜ腹筋運動をすると良いのか理解する必要があります。 

また、おしりや脚の筋肉が弱くても腰痛になりやすいです。
ゆえに、上にあげた5つのツボのうち1つはおしり、3つは脚です。 

これら例のように、腰痛は腰以外の部分も重要であり、トータルでバランスを取る必要があります。
1度きちんとした治療院で見てもらって、アドバイスをもらうのもいいかもしれませんね。 
(医師監修済み)

AGLA編集部 のプロフィール

心と体を調える 女性のための新感覚スピリチュアルメディア編集部。
電話・チャットの鑑定相談の「うらなってMe」運営中!

おすすめ関連記事

2019 02/18

【学んで使おう東洋医学のツボvol.2】今すぐ使える、冷え性に効く4つのツボ